3つの特徴

特徴①:今の仕事を辞めずに週末だけで本格的に農業が学べる

通常、本格的に農業を学ぶためには、全寮制の農業学校へ入学したり、農家へ弟子入りしたりする必要がありますが、いずれもいきなり今の仕事を辞めて何も知らずに飛び込むにはリスクが高すぎます。最近は週末に農業体験できる機会も増えましたが、あくまで体験だけで本格的に農業を学べるわけではありません。

またほとんどの農業学校や農業体験は都会から遠く離れた中山間地などが多く、通うには車が必要な場合が多く、長距離運転や狭い山道の運転が苦手な女性にとっては特にハードルが高いようです。多くの方がなかなか一歩を踏み出せない理由です。

そこで、当校では仕事や家事で平日忙しい方でも、今のライフスタイルを維持したまま、仕事を辞めずにアクセス便利な都市部で本格的に農業を学べる学習環境を用意しました。

アクセスアクセス

↑SFC実習農場:最寄駅(近鉄向島駅)から徒歩10分/大阪方面から車で約30分(京滋バイパス宇治西IC下車すぐ)のアクセス便利な都市近郊農地です。

 

週末だけで本格的に農業を学べる様々な制度

週末だけの授業・・・月2回、週末だけで必要な技術・知識が本格的に学べるコース
受講フリー制度・・・学びたい人が好きなだけ学べるように、土日どちらの授業に何度でも出席できる制度。もちろん授業の振替も自由です。
通いやすい農場・・・最寄駅から徒歩10分、大阪からも車で約30分の通いやすい都市近郊の農場(大阪、滋賀、奈良はじめ兵庫、和歌山、三重、愛知、東京、岡山からも受講生が通っています)
快適な座学会場・・・畑から徒歩数分にある快適な座学会場(冷暖房完備、トイレ(更衣可)駐車場あり)女性の方も安心です。 
オンライン予習復習動画・・・授業での理解をより高めるために、予習、復習用の講義動画(YouTube限定公開)を常時閲覧できるように用意
講義録画視聴制度・・・すべての講義はビデオ録画しており、スマホやパソコンからご覧いただけます。欠席時も安心です。
家族同伴制度・・・すべての授業にご家族1名を同伴可能(18歳以下のお子様は同伴人数にカウントしませんので、ぜひ一緒にいらしてください。)
休学制度・・・仕事や家庭の事情により最大1年間の休学が可能。 他

 


特徴②:基礎から体系的に農業技術・知識が学べる

多くの人が「何から始めればよいかわからない」「どれが正しい栽培方法かわからない」「そもそもどんなスキルが必要かわからない」など悩みを抱えています。農業といっても幅広く多様なうえに閉鎖的なため、一般の人が入手できる業界の生の情報が限られています。 逆に栽培方法などは書籍やネットの情報が氾濫しすぎて一体何が正しいのか判断がつきません。

また基本的な知識がない状態で農家研修に行っても、農家によって栽培方法から経営スタイルまで手法が様々で、部分的に学んでも自分の中で体系化できず、混乱することが多いようです。

そこで、初心者の人にもわかりやすく、年間40種類の野菜栽培の実践を通して、必要な農業技術と知識を基礎から体系的に学べるカリキュラムを作成しました。

小手先のテクニックではなく、どんな土地でも通用する栽培の「原理原則」を学んでください。

無農薬野菜

 ↑私たちの畑の野菜。原理原則がわかれば健康で美味しい野菜が育ちます。

 

初心者でも基礎から体系的に幅広く学べる仕組み

実習と座学・・・実習(栽培技術)と座学(知識)の両輪で年間40種類の野菜栽培が学べるカリキュラム
原理原則を学ぶ・・・小手先のテクニックではなく、どんな土地でも通用する「原理原則」を学ぶことに焦点をあてたカリキュラム
科学的農業・・・経験や勘だけに頼らない科学的根拠に基づく栽培知識の習得
個人専用区画・・・ひとり約20㎡の自由に使える個人専用区画を用意。講師が正解を見せるだけではなく、様々な実験を通して自ら失敗し学べる機会を用意。
マルシェ(直売所)販売実習・・・京都市内の飲食店と提携し、育てた野菜を受講生自らが販売できるマルシェを独自開催。1年間で人様に販売できるレベルの野菜を育てられることがゴールです。
農業特有の知識・・・農地を確保するための法的知識や業界慣習、農家との交渉、優良農地の見分け方など実践的な方法
農業経営・・・就農をめざす人向けに農業経営指標を使った作物ごとの特徴や独立起業に必要なスキルの習得 他

 


特徴③:第一歩を踏み出すための卒業後のサポート体制

本格的に栽培技術や知識を学んでも肝心の「畑」がなければ農業は実践できません。就農する人もライフスタイル的農業を目指す人も「農地の確保」が最初で最大のハードルです。

同じく農産物の販売先の確保、研修先、移住先選びなどは個人では難しく時間もかかります。農業界も法律や体制が整ってきたとはいえ、現場レベルではまだまだ一筋縄でいかないことだらけです。

そこで私たちがこれまでお世話になっている関係機関や企業、農家をはじめ卒業生ネットワークを活用して、あなたが卒業後に第一歩を踏み出せるようにサポート体制を整えています。

マルシェ

↑卒業発表としてのマルシェ開催。自分たちで育てた野菜を収穫して、自ら生産者として販売することで、多くの学びや気づきが得られます。仲間との絆もぐっと深まります。

私たちの目的は、卒業後もあなたにスモールファーマーとして農を続けていただくことです。それぞれのゴールに向けて次のような環境を用意して、受講中から個別ご相談に応じています。

無料「再受講」制度・・・卒業後1年間は、同コースの全授業を無償で再受講可能。2年目からの実践を踏まえて、もう一度同じ話を聞くと、新たな気づきが多々あります。
農地、研修先、販路の紹介・・・全国の行政やNPO、企業と連携して、農地や販路、研修先、住居などの紹介を行っています。希望する地域での農地紹介、より専門的な勉強をする人には研修先の紹介、就農する人には販路の紹介を行っています。卒業生の中には早くも飲食店や八百屋へ定期的に出荷を始めている人もいます。
就農/研修/田舎暮らし紹介先
田中農園(京都)
大阪ECO動物海洋専門学校
ぷちぽんとファーム(京都)
渡辺農園(大阪)
農事組合法人 北船路福谷の郷(滋賀)
大分県農林水産部 農山漁村・担い手支援課
ふるさと回帰支援センター(大阪) 他
流通/販売紹介先
株式会社然
NPO法人!-style(エクスクラメーションスタイル)
株式会社坂ノ途中
株式会社ジーエー 他
仲間とはじめるシェア畑・・・ある程度の広い農地を数人でシェアしながら利用するシェア畑。お互い助け合って世話したり、資材を共有したり、また育てた野菜は共同でマルシェ販売したりと同期仲間で農あるライフスタイルを実現されています。
たねの交換会・・・受講生・卒業生同士で余った種を持ち寄って交換会を随時開催。固定種が人気です。
 
卒業生のご紹介
 
SFC(スモールファーマーズカレッジ)の卒業後、進路は大きく二つに分かれます。
一つは農業で生計を立てる方、もう一つは週末農業など、農的ライフスタイルを目指す方。
もちろんこれ以外にも農との関わり方は千差万別です。
四人の卒業生のストーリーです。
 
 
■村田さんご夫妻(40代)
会社員を続けながら、週末を使って仲間と半農半Xを実践中

入学前:会社員
卒業後:会社員を続けながら、週末農業の半農半X(エックス)

ご実家が農家の村田さん。ご自身の農業技術を高めるためSFCに入学されました。卒業後は平日は会社員として働きながら週末に農作業とSFC卒業生の仲間とのイベントを楽しまれています。SFCの卒業生数名といっしょにお店を開き、自分たちで作った有機野菜を販売したり、「採りたて野菜と日本酒を楽しむ会」を定期的にイベントとして開かれています。また米作りもチームでおこなっており、天日干しを行う天日米作りに毎年取り組まれています。
「なかなか土日だけの作業なので草には困らされておりますが、楽しくやっています。どの活動もSFC卒業生が自主的に集まって行っているものです。あと小麦も2017年からやってます。小麦栽培して、製粉してみなでピザを焼きました。釜も手作りしましたよ。小豆栽培してぜんざい食べたり、エダマメを自然栽培してずんだ餅作ったり、とにかくみんなで楽しんでいます。」
今後は仲間との週末農業生活を楽しみつつ、自らの農業技術を磨くために農業関係の検定試験にも挑戦されるとのことです。
 

 
 
■松尾さんご夫妻(60代)
夫婦で段々畑から海の見える里山へ移住し農的セカンドライフをスタート

入学前:会社員
卒業後:定年後農的ライフを満喫

日本海の見渡せる段々畑にご夫婦で住まいをかまえ、あこがれの農的暮らしを始められました。とにかく農を楽しむことを第一に、活動の幅を広げられています。

「SFC卒業後、3年前に移住して気楽に好きな事をやっています(笑)。ついつい拡大してしまい野菜を作りすぎてしまうのですが、あまった野菜は近くの直売所に売ったり、仲間に販売したりしています。有機・無農薬で栽培してきていますが
土壌もよくなってきており不耕起での自然農がターゲットです。稲作も行っていますが、粘り・食味は合格ですが未熟粒ができるのが課題ですね。たくさんの卒業生に近くに移住してもらってもっと楽しい農的暮らしをみなさんとやっていきたいと考えてます。」
並々ならぬ研究心をお持ちの松尾さん、こだわりの自家製堆肥の材料は近くで集めています。落ち葉を主体に、雑草、米ぬか、残飯、壁土、蟹殻・牡蠣殻など地のものをブレンドし、発酵させてプロ顔負けの堆肥を作られます。また、段々畑の地下水の流れの研究をするなど「農」を様々な側面から楽しむ姿は卒業生のあこがれでもあります。
今後は高齢化、離農が進む地域でのオリーブ栽培での村おこしやアグリツーリズムの活動を行っていかれるとのことです。
 
 
■市原さん(40代)
生まれ故郷へUターンして独立・就農

入学前:会社員
卒業後:就農。1haで様々な野菜を年間20品目栽培

「もともと農業には興味があり、いつかは郷里の鹿児島に帰って農業をしたいと考えていました。ただ、実家が農家というわけではなく、農地もありませんでした。何となく農へのあこがれはあったものの、具体的な行動に移すことはなく10年が経ち、京都へ転勤になったときにたまたまスモールファーマーズのホームページを見つけました。週末で有機農業を学べるという点に興味を持ち、本当に自分に農業がやれるのか、向いているのか、将来就農してやっていけるのかどうかを見極めるために入学しました」

スモールファーマーズを卒業後、さらに1年の農家研修を経て独立就農されました。
現在は1ヘクタールの土地でほうれん草、玉ねぎ、ピーマンなど年間20種類の野菜を栽培されています。
今後は体験農園の運営や仲間とともに地域の伝統野菜である国分大根の復活に取り組まれるとのことです。

■水田さんご夫妻(30代)

都会から里山へ子供と一緒に移住し、念願だった農的暮らしをスタート
 
入学前:大学研究職
卒業後:山口県に移住し、地域おこし協力隊をしながら田舎暮らしを満喫

SFCを卒業後、四人家族で農的な田舎暮らしを求めて移住された水田夫妻。地域おこし協力隊としても奮闘されています。

「将来的には移住したいと思っていました。ただやはり仕事をどうするか?生活をどうするか?で悩んでいました。SFCに入学してから1年ほど移住地を探してましたが、最終的に親に孫の顔を見せたいという思いもあり、生まれ故郷の近くにUターン移住することになりました。最後の決め手は移住先の夕日が美しかったことですね(笑)。有機農業がさかんな地域ということもありました。子供が泥だらけになって遊び、薪運びなど家の仕事を手伝ってくれる、教育環境としても最高の場所と思っています。地域おこし協力隊として3年間活動した後、就農することを考えています。」

きっちりと収支計画も立てた上で、色々な地域の移住者の話を伺い、移住先を決められた水田さん。理想の農的暮らしの実現に向けて家族で楽しく奮闘されています。

 

はじめての方へメニュー